海外FX業者の多くはスキャルピング禁止ではありません。スキャルピングには海外FX業者のECN口座でトレードしましょう。おススメの海外FX優良業者をピックアップ。

海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング

ココがポイント

海外FX 人気ランキング
人気の優良FX業者を厳選してピックアップしています。各社スタンダード口座とは別にECN口座(スプレッドがほとんどなく外枠手数料制)が用意されているので自分に合った業者を選択してみて下さい。スキャルピング専門のトレーダーさんはタイタンFXがお薦めですね。3社しか業者を紹介しておりませんが、海外FXを始める場合はこの3社が定番のブローカーなのでこの3社を押さえておけば問題ないです。そして海外FX業者の口座開設と同時に各社入出金に対応しているビットウォレット(Bitwallet)口座を合わせて開設する事をお薦めします業者への入金、業者からの出金が早く行え、通常の海外からの被仕向送金による出金より着金が早く出金手数料も安く抑えられたりしてとても便利です。業者間の資金の移動も楽に行えます海外業者の多くはこのBITWALLETに対応してますので作っておきべきです。必須アイテムですね。

海外FX業者ランキング1位 XMtrading(XMトレーディング) レバレッジ最大888倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。海外FXの定番。豊富なボーナスが魅力で人気。日本人が1番利用している顧客満足度ナンバーワンのFXブローカー。使いやすく海外FXデビューにおススメ。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダード・マイクロ・ZEROの3種類があり、ECN口座に該当するのがZERO口座です。ただし、ZERO口座は入金ボーナスやトレード毎に発生するボーナスが対象外なのでご注意下さい。

XMトレードと口座開設参考ブログ

XMTRADINGで億トレーダーになる

 

海外FX業者ランキング2位 AXIORY(アキシオリー) レバレッジ最大400倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。メタトレーダーに加え、板情報も見れるcTraderプラットフォームも採用。透明性重視の支持率の高い人気のFXブローカー。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードナノスプレッド(ECN)

 海外FX業者ランキング3位 TitanFX(タイタンFX) レバレッジ最大500倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。約定力に定評あり。業界最狭スプレッドが売り。ブレード口座(ECN口座)に定評。スキャルピングに最適。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードブレード口座(ECN)

海外FX

ECN口座でスキャルピング|「デモトレードに取り組んで儲けることができた」としたところで…。

投稿日:

ハイレバレッジ可能な海外FX会社


「デモトレードを何度やろうとも、実際のお金を使っていないので、内面的な経験を積むことが不可能である。」、「汗水垂らして稼いだお金を投入してこそ、初めて経験が積めるのだ!」と言う方も稀ではないのです。
テクニカル分析を行なう方法としては、大別して2通りあります。チャートに表示された内容を「人が自分の目を信じて分析する」というものと、「パーソナルコンピューターが独自に分析する」というものになります。
FXの取り引きは、「ポジションを建てる&決済する」の繰り返しだと言うことができます。簡単なことのように思われますが、ポジションを建てるタイミングであったり決済を実施するタイミングは、極めて難しいと思うでしょうね。
FXに取り組む際は、「外貨を売る」ということから取引を開始することもあるのですが、このように外貨を持たずに「外貨を売却したままの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。
FXを始めるつもりなら、先ずもってやっていただきたいのが、FX会社をFX会社比較ランキングで比較検証してご自身にフィットするFX会社を発見することではないでしょうか?FX会社比較ランキングで比較検証する上でのチェック項目が複数個ございますので、それぞれ詳述させていただきます。

買いと売りのポジションを一緒に所有すると、為替がどちらに振れても収益を出すことが可能だと言えますが、リスク管理のことを考えると、2倍神経を遣うことが求められます。
「デモトレードに取り組んで儲けることができた」としたところで、リアルなリアルトレードで利益を得られるかはやってみないとわからないのです。デモトレードについては、はっきり言ってゲーム感覚になってしまいます。
トレンドが顕著になっている時間帯を認識して、そこで順張りをするというのがトレードをやる上での肝になると言えます。デイトレードに限ったことではなく、「熱くならない」「トレンドが強い時だけ売買する」というのは、どんなトレード法に取り組もうともとっても大切なことだと言えます。
スワップポイントに関しましては、「金利の差額」だと考えていただければと思いますが、現に手にすることができるスワップポイントは、FX会社に払うことになる手数料が差し引かれた金額だと考えてください。
日本と比べて、海外の銀行の金利が高いということが理由で、スワップ金利がもらえるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXに取り組んだ時に与えられるスワップ金利です。

スキャルピングとは、極少時間で薄利を積み重ねていく超短期トレードのことで、テクニカル指標又はチャートを分析しながら取り組むというものなのです。
スイングトレードを行なうつもりならば、数日~数週間、長いケースでは数ヶ月にも亘るような戦略になりますので、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を推測し資金投入できます。
チャートをチェックする時に不可欠だとされているのが、テクニカル分析なのです。こちらのサイトの中で、いろいろあるテクニカル分析方法を各々かみ砕いて解説しておりますのでご参照ください。
実際的には、本番トレード環境とデモトレードの環境では、本番トレード環境の方が「毎回のトレードあたり1ピップスくらい利益が減る」と考えていた方が正解だと考えます。
スプレッドに関しては、FX会社毎に結構開きがあり、皆さんがFXで収益を手にするためには、「買値と売値の価格差」が僅かである方が有利ですので、このポイントを念頭においてFX会社を選抜することが大事になってきます。

海外FX関連サイトをピックアップ

-海外FX

Copyright© 海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング , 2019 All Rights Reserved.