海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング

海外FX業者の多くはスキャルピング禁止ではありません。スキャルピングには海外FX業者のECN口座でトレードしましょう。おススメの海外FX優良業者をピックアップ。

ココがポイント

海外FX 人気ランキング
人気の優良FX業者を厳選してピックアップしています。各社スタンダード口座とは別にECN口座(スプレッドがほとんどなく外枠手数料制)が用意されているので自分に合った業者を選択してみて下さい。スキャルピング専門のトレーダーさんはタイタンFXがお薦めですね。3社しか業者を紹介しておりませんが、海外FXを始める場合はこの3社が定番のブローカーなのでこの3社を押さえておけば問題ないです。そして海外FX業者の口座開設と同時に各社入出金に対応しているビットウォレット(Bitwallet)口座を合わせて開設する事をお薦めします業者への入金、業者からの出金が早く行え、通常の海外からの被仕向送金による出金より着金が早く出金手数料も安く抑えられたりしてとても便利です。業者間の資金の移動も楽に行えます海外業者の多くはこのBITWALLETに対応してますので作っておきべきです。必須アイテムですね。

海外FX業者ランキング1位 XMtrading(XMトレーディング) レバレッジ最大888倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。海外FXの定番。豊富なボーナスが魅力で人気。日本人が1番利用している顧客満足度ナンバーワンのFXブローカー。使いやすく海外FXデビューにおススメ。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダード・マイクロ・ZEROの3種類があり、ECN口座に該当するのがZERO口座です。ただし、ZERO口座は入金ボーナスやトレード毎に発生するボーナスが対象外なのでご注意下さい。

XMトレードと口座開設参考ブログ

XMTRADINGで億トレーダーになる

 

海外FX業者ランキング2位 AXIORY(アキシオリー) レバレッジ最大400倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。メタトレーダーに加え、板情報も見れるcTraderプラットフォームも採用。透明性重視の支持率の高い人気のFXブローカー。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードナノスプレッド(ECN)

 海外FX業者ランキング3位 TitanFX(タイタンFX) レバレッジ最大500倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。約定力に定評あり。業界最狭スプレッドが売り。ブレード口座(ECN口座)に定評。スキャルピングに最適。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードブレード口座(ECN)

海外FX

ECN口座でスキャルピング|FXをやる上で…。

投稿日:

人気の海外FXランキング

為替の動きを推測する時に役に立つのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より重要だと言えるのは「チャートの移り変わりを重視して、直近の為替の進捗を予想する」テクニカル分析だと言えます。
僅か1円の値動きだとしましても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益なのですが、10倍の場合は10万円の損益ということになります。言ってみれば「レバレッジを欲張るほどリスクも大きくなってしまう」と言えるわけです。
FXビギナーだと言うなら、難しいだろうと言えるテクニカル分析なのですが、チャートの重要ポイントとなるパターンさえ把握してしまえば、値動きの予測が圧倒的に容易になること請け合いです。
FXをやる上で、外国通貨を日本円で買うと、金利差に従ってスワップポイントが与えられますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買う場合、当然ながらスワップポイントを払う必要が出てきます。
相場の変化も把握できていない状態での短期取引ということになれば、うまく行くとは思えません。とにもかくにも高レベルのスキルと知識が必要ですから、経験の浅い人にはスキャルピングは推奨できかねます。

システムトレードにおいては、自動売買プログラムによりテクニカルポイントが巡ってきた時に、システムがひとりでに売買を完結してくれるのです。そうは言っても、自動売買プログラムに関しては人間がチョイスしなければいけません。
スプレッドとは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社の収入となる売買手数料とも捉えられるものですが、各社それぞれが個別にスプレッド幅を決定しているのです。
テクニカル分析をやる場合は、通常ローソク足で表示したチャートを使います。一見するとハードルが高そうですが、頑張って把握することができるようになると、なくてはならないものになると思います。
スイングトレードを行なうことにすれば、短期だとしても数日~数週間、長い時は数ヶ月にも亘るような売買になる為、普段のニュースなどを判断材料に、近い将来の世の中の動きを予測し投資できるわけです。
システムトレードと言われるものは、株式やFXにおける自動売買取引のことを指し、売買開始前に決まりを設定しておき、それに沿って機械的に「売りと買い」を繰り返すという取引です。

スワップポイントと申しますのは、「金利の差額」だと思っていただいていいですが、現に受け取れるスワップポイントは、FX会社の儲けである手数料を引いた金額になります。
スプレッドに関しては、FX会社によって異なっており、FXトレードで利益を生み出すためには、買い値と売り値の価格差が僅少である方が有利だと言えますから、そのことを意識してFX会社を決めることが肝要になってきます。
日本の銀行と比べて、海外の銀行金利の方が高いということがあるために、スワップ金利が付与されるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXに取り組んだ時に与えられるスワップ金利というわけです。
FXに関する個人限定のレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことからすると、「近年の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる人が見受けられるのも当然と言えば当然ですが、25倍でもしっかりと収益を確保できます。
申し込みそのものはFX会社が開設している専用HPのFX口座開設ページより15分ほどで完了できます。申込フォームへの入力が終了したら、必要書類をFAXなどを使って送付し審査をしてもらうというわけです。

海外FX 人気優良業者ランキング

XMアフィリエイト収入の出金は国内銀行振り込み対応

-海外FX

Copyright© 海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング , 2019 All Rights Reserved.