海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング

海外FX業者の多くはスキャルピング禁止ではありません。スキャルピングには海外FX業者のECN口座でトレードしましょう。おススメの海外FX優良業者をピックアップ。

ココがポイント

海外FX 人気ランキング
人気の優良FX業者を厳選してピックアップしています。各社スタンダード口座とは別にECN口座(スプレッドがほとんどなく外枠手数料制)が用意されているので自分に合った業者を選択してみて下さい。スキャルピング専門のトレーダーさんはタイタンFXがお薦めですね。3社しか業者を紹介しておりませんが、海外FXを始める場合はこの3社が定番のブローカーなのでこの3社を押さえておけば問題ないです。そして海外FX業者の口座開設と同時に各社入出金に対応しているビットウォレット(Bitwallet)口座を合わせて開設する事をお薦めします業者への入金、業者からの出金が早く行え、通常の海外からの被仕向送金による出金より着金が早く出金手数料も安く抑えられたりしてとても便利です。業者間の資金の移動も楽に行えます海外業者の多くはこのBITWALLETに対応してますので作っておきべきです。必須アイテムですね。

海外FX業者ランキング1位 XMtrading(XMトレーディング) レバレッジ最大888倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。海外FXの定番。豊富なボーナスが魅力で人気。日本人が1番利用している顧客満足度ナンバーワンのFXブローカー。使いやすく海外FXデビューにおススメ。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダード・マイクロ・ZEROの3種類があり、ECN口座に該当するのがZERO口座です。ただし、ZERO口座は入金ボーナスやトレード毎に発生するボーナスが対象外なのでご注意下さい。

XMトレードと口座開設参考ブログ

XMTRADINGで億トレーダーになる

 

海外FX業者ランキング2位 AXIORY(アキシオリー) レバレッジ最大400倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。メタトレーダーに加え、板情報も見れるcTraderプラットフォームも採用。透明性重視の支持率の高い人気のFXブローカー。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードナノスプレッド(ECN)

 海外FX業者ランキング3位 TitanFX(タイタンFX) レバレッジ最大500倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。約定力に定評あり。業界最狭スプレッドが売り。ブレード口座(ECN口座)に定評。スキャルピングに最適。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードブレード口座(ECN)

海外FX

ECN口座でスキャルピング|システムトレードと呼ばれているものは…。

投稿日:

FX 比較サイト

トレードに取り組む1日の中で、為替が大きく振れるチャンスを見極めて取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を狙うのではなく、その日の中で何度か取引を行い、少しずつ利益を生み出すというトレード方法です。
収益を手にする為には、為替レートが新たに注文した際のものよりも有利な方向に変化するまで待つことが不可欠です。この状態を「ポジションを保有する」と言うのです。
FXの最大のアピールポイントはレバレッジに違いありませんが、完全に了解した上でレバレッジを掛けるよう心掛けないと、正直申し上げてリスクを大きくするだけになるでしょう。
FXを行なう上での個人限定のレバレッジ倍率は、かつては最高が50倍だったことを思い起こせば、「今現在の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる方を見かけるのも当然ですが、25倍だと言えども十分に利益をあげることは可能です。
「デモトレードに取り組んで利益が出た」とおっしゃっても、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで利益を得ることができる保証はありません。デモトレードを行なう場合は、正直申し上げてゲーム感覚でやってしまいがちです。

高い金利の通貨だけをセレクトして、そのまま保持することでスワップポイントが受け取れるので、このスワップポイントという利益だけを目論んでFXをする人もかなり見られます。
例えば1円の値動きであっても、レバレッジが1倍の場合は1万円の損益になるというわけですが、10倍の場合は10万円の損益になるわけです。わかりやすく言うと「レバレッジを欲張るほどリスクも大きくなる」ということなのです。
初回入金額と言いますのは、FX口座開設が終わった後に入金すべき最低必要金額を指します。最低金額を指定していない会社も見られますし、5万円とか10万円以上といった金額指定をしているところも少なくないです。
システムトレードと呼ばれているものは、自動売買プログラム通りに実行される自動売買取引のことで、売買を始める前にルールを定めておいて、それの通りにオートマチックに「売りと買い」を繰り返すという取引です。
MT4は現段階で最も多くの方に使用されているFX自動売買ツールだという背景もあり、自動売買プログラムの種類が特に多いのも特徴だと考えます。

私も大体デイトレードで取り引きをやってきたのですが、昨今はより収益が望めるスイングトレードを採用して売買を行なうようにしています。
売りと買いの両ポジションを一緒に保有すると、円安・円高のどっちに動いても収益をあげることができるわけですが、リスク管理の面では2倍気を遣う必要が出てきます。
近頃は、どこのFX会社も売買手数料は無料となっておりますが、それに代わる形でスプレッドがあり、そのスプレッドが実質的なFX会社の儲けになるのです。
本WEBページでは、手数料とかスプレッドなどをカウントした合計コストでFX会社を海外FXランキングサイトで比較した一覧表を見ることができます。当たり前ですが、コストと言いますのは利益を圧縮しますので、入念にチェックすることが肝心だと言えます。
スプレッドという“手数料”は、通常の金融商品と比べても、ビックリするくらい安いです。正直なところ、株式投資の場合だと100万円以上のトレードをしたら、1000円程は売買手数料を払うのが普通です。

海外FX ボーナスキャンペーン情報

XMアフィリエイトはサポート充実 専任のサポート担当がフォロー

-海外FX

Copyright© 海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング , 2019 All Rights Reserved.