海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング

海外FX業者の多くはスキャルピング禁止ではありません。スキャルピングには海外FX業者のECN口座でトレードしましょう。おススメの海外FX優良業者をピックアップ。

ココがポイント

海外FX 人気ランキング
人気の優良FX業者を厳選してピックアップしています。各社スタンダード口座とは別にECN口座(スプレッドがほとんどなく外枠手数料制)が用意されているので自分に合った業者を選択してみて下さい。スキャルピング専門のトレーダーさんはタイタンFXがお薦めですね。3社しか業者を紹介しておりませんが、海外FXを始める場合はこの3社が定番のブローカーなのでこの3社を押さえておけば問題ないです。そして海外FX業者の口座開設と同時に各社入出金に対応しているビットウォレット(Bitwallet)口座を合わせて開設する事をお薦めします業者への入金、業者からの出金が早く行え、通常の海外からの被仕向送金による出金より着金が早く出金手数料も安く抑えられたりしてとても便利です。業者間の資金の移動も楽に行えます海外業者の多くはこのBITWALLETに対応してますので作っておきべきです。必須アイテムですね。

海外FX業者ランキング1位 XMtrading(XMトレーディング) レバレッジ最大888倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。海外FXの定番。豊富なボーナスが魅力で人気。日本人が1番利用している顧客満足度ナンバーワンのFXブローカー。使いやすく海外FXデビューにおススメ。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダード・マイクロ・ZEROの3種類があり、ECN口座に該当するのがZERO口座です。ただし、ZERO口座は入金ボーナスやトレード毎に発生するボーナスが対象外なのでご注意下さい。

XMトレードと口座開設参考ブログ

XMTRADINGで億トレーダーになる

 

海外FX業者ランキング2位 AXIORY(アキシオリー) レバレッジ最大400倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。メタトレーダーに加え、板情報も見れるcTraderプラットフォームも採用。透明性重視の支持率の高い人気のFXブローカー。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードナノスプレッド(ECN)

 海外FX業者ランキング3位 TitanFX(タイタンFX) レバレッジ最大500倍設定可能。ゼロカットシステムで追証なし。約定力に定評あり。業界最狭スプレッドが売り。ブレード口座(ECN口座)に定評。スキャルピングに最適。ビットウォレット対応。口座タイプはスタンダードブレード口座(ECN)

海外FX

ECN口座でスキャルピング|FXに関する個人に向けたレバレッジ倍率は…。

投稿日:

スキャルピング向けの海外FX業者を選ぶには!?

利益を出すためには、為替レートが初めに注文した時のレートよりも有利な方に振れるまで待たざるを得ません。この状態を「ポジションを保有する」と言うのです。
FXに関する個人に向けたレバレッジ倍率は、何年か前までは最高が50倍だったので、「今の規定上の最高25倍は低すぎる」とおっしゃる方を見かけるのも当然ですが、25倍だと言えども満足な利益を得ることができます。
為替の動きを類推する時に外せないのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートから極近い将来の値動きを類推する」テクニカル分析の方だと断言します。
私も概ねデイトレードで取り引きを行なっていましたが、ここに来てより大きな儲けを出すことができるスイングトレードで取り引きしております。
スキャルピングと言われるのは、1取り引きで数銭から数十銭くらいという非常に小さな利幅を目指して、日々何回もの取引を実施して薄利を積み上げる、特異なトレード手法です。

テクニカル分析と言いますのは、相場の変遷をチャートで表わし、更にはそのチャートを解析することで、今後の為替の動きを予測するという分析方法なのです。これは、いつ売買すべきかを把握する時に行ないます。
現実には、本番のトレード環境とデモトレード環境を対比した場合、本番トレード環境の方が「毎回のトレード毎に1ピップスくらい利益が減る」と認識した方が間違いないでしょう。
テクニカル分析に取り組む場合に何より大切なことは、いの一番に貴方にしっくりくるチャートを見つけることだと言えます。そのあとでそれを継続していく中で、あなただけの宝物となる売買法則を見い出してほしいと願います。
デイトレードに関しては、通貨ペアのチョイスも大事になってきます。当然ですが、変動の大きい通貨ペアを選ばないと、デイトレードで資産を増やすことは無理だと考えるべきです。
為替の変動も読み取ることができない状態での短期取引では、あまりにも危険です。とにかく一定レベル以上の経験が必要不可欠ですから、初心者の方にはスキャルピングは不向きです。

FX会社を海外FXランキングサイトで比較するという場面でチェックすべきは、取引条件です。FX会社各々で「スワップ金利」などの条件が異なるのが普通ですから、自分自身の取引方法に見合ったFX会社を、海外FXランキングサイトで比較の上絞り込んでください。
売り値と買い値に差を設けるスプレッドは、FX会社は勿論銀行でも別の名前で導入されております。しかも驚くことに、その手数料たるやFX会社の150~200倍というところが稀ではありません。
レバレッジを有効に利用することで、証拠金が低額でもその額の25倍までという「売り・買い」をすることができ、夢のような収益も狙うことができますが、それとは裏腹にリスクも高くなるのが普通ですから、熟考してレバレッジ設定するようにしましょう。
チャートのトレンドがはっきりしやすい時間帯を考慮して、そのタイミングで順張りするというのがトレードに取り組む際の最も大切な考え方です。デイトレードは言うまでもなく、「平静を保つ」「得意とする相場状況の時だけ売買する」というのは、どんなトレードをしようともすごく重要なポイントになります。
スイングトレードに関しては、その日1日のトレンドに結果が左右される短期売買とは全く異なり、「現在まで為替がどういった動きをしてきたか?」といった分析が結果を左右するトレード方法だと思っています。

新規開設ボーナスを獲得出来る海外FX業者

アフィリエイトで稼ぐならXMパートナー

-海外FX

Copyright© 海外FX業者でスキャルピング 海外FXランキング , 2019 All Rights Reserved.